リニューアルの必要性がいろいろな観点から高まってきています。

老朽化したビルはいろいろ弊害を引き起こします。
1. ビルの機能不全、効率の低下、信頼性の低下、故障件数の増加がその「症状」です。
2. 時代のニーズ・意識変化に対応できなくなり、適法化が図れないばかりか、インテリジェント化・利便性・能率・快適性などに置き去りにされます。
3. 保守費用・運転費用・更新費用などライフサイクルコストが次第にかさんできます。
三つの観点から捕らえた「ビルの成人病」対策に、今こそ取り掛かる好機です。